マルタ留学に関するご相談・留学手続き代行無料。マルタ島での留学を知り尽くしたカウンセラーによる留学説明会とマルタ共和国 現地スタッフが対応します!手配実績豊富なマルタ専門の留学エージェント「S.H.C.マルタ留学ドットコム」におまかせください。

マルタ留学無料相談 マルタ留学勉強会 マルタ留学に関するお問合せ・ご相談 042-744-7846
マルタ留学無料相談 マルタ留学勉強会

マルタ留学ブログ

MALTA INFORMATION - NEWS

マルタ留学に関することや、マルタ留学セミナー情報など
タイムリーにブログ配信しています。

 お知らせ情報

【6/23更新】マルタ入国時・日本帰国時のルールおさらい(PCR検査陰性証明書等について)

こんにちは、S.H.C. マルタ留学ドットコムの飯田です。

6月17日(木)以降、マルタに入国される皆様へ重要なお知らせがマルタ観光局より届きましたのでご案内いたします。

■重要なお知らせ■
PCR検査陰性証明書の検査方法がPCR検査(nasopharyngeal RT-PCR test/鼻咽頭Realtime RT-PCR検査)に限定されました

今一度、マルタ入国時、日本帰国時のルールについてご案内させていただきますのでご確認ください。

■マルタ入国時:

【PCR検査陰性証明書】

2021年6月17日(木)から、日本からマルタへ入国される方:
マルタ到着の72時間以内に実施された新型コロナウィルス感染症(COVID-19)PCR検査(nasopharyngeal RT-PCR test/鼻咽頭Realtime RT-PCR検査)の陰性証明書の提出が必須(マルタ行きのフライトに搭乗する際に提示)
※唾液 Realtime RT-PCRは不可。
※PCR検査(nasopharyngeal RT-PCR test/鼻咽頭Realtime RT-PCR検査)の陰性証明書が提示できない場合は、到着時のPCR検査(有料)または14日間の検疫期間(実費負担)となります。
※陰性証明書の所定の書式などの細かい指定はありませんが英文のものをご用意ください。

※2021年7月1日(木)からAmber List「注意が必要な国」内のEU諸国から到着する方で予防接種証明書所有者および公衆衛生監督官によって承認されたもの(承認されたワクチンは 以下の (a.) Pfizer-BioNTech、(b.) Moderna、(c.) AstraZeneca、および(d.) Johnson&Johnson)は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)PCR検査の陰性証明書の提出が不要となりますが、日本からのマルタへ入国される方は、引き続き、マルタ行きのフライトに搭乗する前に、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)PCR検査(nasopharyngeal RT-PCR test/鼻咽頭Realtime RT-PCR検査)の陰性証明書の提出が必須です。

【自己申告書】

マルタヘ入国の際に、機内で自己申告書(the Public Health Travel Declaration Form・the Passenger Locator Form)が配布され、到着時に提出が義務付けられています。
提出書類はこちら→https://www.maltairport.com/declarationforms/でご確認ください。
※弊社でお申込みいただいている方にはご出発1週間前を目途に別途ご案内させていただいております

【コロナ追跡アプリ(COVID Alert Malta)のインストールが必要です】

コロナ追跡アプリ(COVID Alert Malta)のインストールが必要です。
【COVID Alert Malta】https://covidalert.gov.mt/

 

■日本帰国時:

【PCR検査陰性証明書】

現在は外国人・日本人を問わず全ての入国者に対して日本入国時にも「出国前72時間以内に受けた検査の検査証明書」の提出が義務化されています。検査証明書を提出できない方は検疫法にもとづき、日本国籍であっても日本への上陸が認められません。
必ず事前に厚生労働省ページをご確認のうえ、検査証明書をご用意くださいますようお願い申し上げます。詳細は厚生労働省のホームページをご確認ください。

▼厚生労働省ページ 水際対策に係る新たな措置について:
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

なお、検査証明書は、厚生労働省の所定のフォーマットをご利用ください。 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html

マルタ国内で日本帰国前にPCR検査を受けられる機関は数か所あります。
例)St. James Hospitalという病院での検査費用は140ユーロ程度
詳細については変更になることもあるため、検査費用や受けられる場所については、留学生はまずは学校のスタッフにご相談されてみてください。

【日本帰国後14日間の隔離及び公共交通機関の利用規制】

現在は日本帰国後14日間の隔離及び公共交通機関の利用規制があります。詳細は厚生労働省のホームページをご確認ください。

▼厚生労働省ページ 水際対策に係る新たな措置について:
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

▼厚生労働省 日本へ入国・帰国した皆さまへ「14日間の待機期間中」のルール
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00263.html

* * * * * * * * *

ご案内は以上となります。

最近まで唾液Realtime RT-PCRでの入国も出来ておりましたが、今後はnasopharyngeal RT-PCR test/鼻咽頭Realtime RT-PCR検査のみが有効となります。

搭乗までに検査結果がでない/陰性証明書が用意できなくて、搭乗時に焦ってしまわないように、結果が出るまでにどのくらい時間がかかるか等の検査機関を調べる時には下調べしておいた方が安心かと思います。

 ※弊社ではPCR検査の代理予約など行っておりません。検査機関などに関しては皆様各自ご自身でお住いの地域の保健所や羽田空港内に入っているクリニックなどにお問合せくださいますようお願いいたします。

マルタ留学についてご質問・ご相談がありましたらお気軽に≪お問い合わせフォーム≫よりお問い合わせください。

≪コロナウイルスの影響についてのブログ記事の一覧はこちらからご覧いただけます≫


【LINEチャット相談 受付中!】
メッセージでのご相談も可能です♪お気軽にご登録ください!

LINE ID : malta-ryugaku

【オンラインカウンセリング 受付中!】
SHCの無料カウンセリングをぜひご活用ください!

▼マルタ留学ブログ SHC 各種相談方法のご案内
https://www.malta-ryugaku.com/shc-collaboration/shc-counseling/


【S.H.C.マルタ留学ドットコム 勉強会情報】
マルタ留学を経験したスタッフに留学のあれこれを質問できるチャンス!
https://www.malta-ryugaku.com/explanation/

【S.H.C.マルタ留学ドットコム Blog】
マルタ留学経験者が語るリアルなマルタ情報をお届け!
https://www.malta-ryugaku.com/news/

【S.H.C.マルタ留学ドットコム SNS情報】
≪Instagram≫
マルタの絶景ポイントやおすすめ情報などご紹介!
https://www.instagram.com/malta_ryugaku/

≪Facebook≫
留学勉強会などの情報を配信!
https://www.facebook.com/maltaryugaku

≪Twitter≫
現地スタッフのつぶやきや最新情報を配信!
https://twitter.com/malta_ryugaku

マルタ留学に関するご質問やお見積りは≪お問い合わせフォーム≫よりお気軽にご相談ください。
カウンセラーがあなたのご希望に合う学校選びをお手伝い致します。
S.H.Cマルタ留学ドットコムは、マルタ留学において日本で最も頼りになる代理店を目指しています!

Tags: , , , , , ,

マルタ留学を実績と安心体制で選ぶならS.H.C.マルタ留学ドットコム

マルタ留学無料相談