マルタ留学に関するご相談・留学手続き代行無料。マルタ島での留学を知り尽くしたカウンセラーによる留学説明会とマルタ共和国 現地スタッフが対応します!手配実績豊富なマルタ専門の留学エージェント「S.H.C.マルタ留学ドットコム」におまかせください。

マルタ留学無料相談 マルタ留学勉強会 マルタ留学に関するお問合せ・ご相談 042-744-7846
マルタ留学無料相談 マルタ留学勉強会

マルタ留学ブログ

MALTA INFORMATION - NEWS

マルタ留学に関することや、マルタ留学セミナー情報など
タイムリーにブログ配信しています。

 お知らせ情報

マルタ留学ブログ ビザの最新情報

こんにちは
S.H.C.マルタ留学ドットコム 中原 りさ子 です。

マルタの学生ビザ申請に関しての最新情報が届きました。

■学生ビザ申請 受付時間の変更

旧)火・水曜日 9:00~12:00

新)月~金曜日 9:00~14:00 受付曜日が増え、時間も伸びました。

■残高証明の規定金額
旧)1日あたり48ユーロを基準に、全滞在期間分の金額が必要。
(宿泊施設を滞在予定全期間支払い済みの場合は25ユーロ/日)

新)1日あたり38ユーロを基準に、全滞在期間分の金額が必要。
(宿泊施設を滞在予定全期間支払い済みの場合は18ユーロ/日)

残高証明しなくてはいけない預金額が少々減りました。

■ ※注意※ 授業を欠席をする場合

新たに、以下2つのルールが追加されました。

○2日以上連続して授業を欠席する場合
 病院にて診断書(青い紙の正式なもの)をとって、Education Officeへ提出すること。

○ブレイクを取得し旅行に行く場合に、ブレイク期間の前後で授業を欠席する場合は、
 あらかじめEducation Officeへ航空券のコピーを提出すること。
 ※上記に該当するケースは、例えば、ブレイク取得直前の金曜日の授業と取得後の月曜日の授業を欠席する等の場合です。

つまりは、学生ビザは学生であることを前提として発行するけれど、
学校にしっかり通っていないとビザをあげないよということですね。

以前、こちらのブログで長期留学の場合は出席率に注意が必要とお知らせいたしましたがさらに出席管理が厳しくなってきていますね。

実際に、出席率が80%に満たなかったからビザがおりなかったという前例もあるので、
もしかしたら上記のルールを守らずに欠席をしていると
最悪の場合、ビザの取り消しなどの措置もあり得るかもしれません。

厳しいルールのようにも感じますが、私たちはマルタでは外国人。
しっかりルールを守って滞在をするようにしましょう。

______________________________

マルタ留学に関するご質問やお見積りは≪お問い合わせフォーム≫よりお気軽にご相談ください。
カウンセラーがあなたのご希望に合う学校選びをお手伝い致します。

SHCマルタ留学ドットコムは、マルタ留学において日本で最も頼りになる代理店を目指しています!

★マルタ留学ドットコム Facebook 
★マルタ留学ドットコム Instagram 
★マルタ留学ドットコム Twitter 
______________________________

Tags: , , ,

マルタ留学を実績と安心体制で選ぶならS.H.C.マルタ留学ドットコム

マルタ留学無料相談