マルタ留学に関するご相談・留学手続き代行無料。マルタ島での留学を知り尽くしたカウンセラーによる留学説明会とマルタ共和国 現地スタッフが対応します!手配実績豊富なマルタ専門の留学エージェント「S.H.C.マルタ留学ドットコム」におまかせください。

マルタ留学無料相談 マルタ留学勉強会 マルタ留学に関するお問合せ・ご相談はマルタ留学ドットコム
マルタ留学無料相談 マルタ留学勉強会

マルタ留学ブログ

MALTA INFORMATION - NEWS

マルタ留学に関することマルタ留学セミナー情報など
お役立ち情報をご紹介します!

 お知らせ情報

マルタ留学ブログ マルタ 12月の様子(withコロナ)

こんにちは、S.H.C.マルタ留学ドットコムの飯田です。

ECマルタ校のニュースレターで、マルタの12月の様子が紹介されましたのでご紹介します。

* * * * * * * * * *

12月現在のマルタの街中の様子
•室内商業施設や交通機関はマスク着用義務化の下に通常営業。スポーツ、飲食、喫煙時等以外のマスク着用
義務(マスク着用義務違反者には罰金の可能性あり) 。
•バーやクラブは営業停止中。
•カフェやレストランは 11 時までの営業。室内席はテーブルの間隔などの規制があり、ウェイター&ウェイトレスはマスクや
フェースシールドを着用。冬季でも屋外暖房器具を利用した屋外テーブルの設置あり 晴れの日の昼間の気温は18 度程度 。
•海沿いのプロムナードや商店街などの人通りはいつもの冬の様子とあまり変わらない 元々観光客の減る時期 。

マルタへの入国制限について
・日本人留学生は12月13日よりマルタ入国時の陰性証明提出、または到着時マルタ空港での検査(無料)、または自己隔離が必要となっています。
・12月30日よりトルコ航空搭乗時に、PCR陰性結果の証明が必要になります。運航便の関係上、現在マルタに入国する日本人留学生は、全てトルコ航空を利用されています。

マルタ空港での検査について
・早朝、深夜便の利用でない限り、必要な人は無料で検査が受けられ、 30 分程度で結果が出るとのことです。

マルタ在住者としてのEC スタッフの所感
日本のマスコミ報道について
以前ニュースレターでご案内したこともありますが、日本の報道に接すると、マルタを含むそれぞれの国が「海外」「ヨーロッパ」ということで一くくりにされている感があります。マルタは特に気候といった面では主なヨーロッパ諸国とは環境が異なり、11 月の 1 日あたりの感染者数は高止まり感があったものが、 12 月になってからは感染者増に歯止めがかかっています。日本での感染者が増加傾向にある今、海外についてもマイナスのものばかりが報道されたり、目に入って来たりするのはやむを得ないでしょうが、マルタ留学を検討の方には、あくまでもマルタの情報、データを参考にしていただければと思います。

クリスマスについて
敬虔なクリスチャンの多いマルタですので、確かにクリスマスの集まりはマルタ人にとってはとても大切です。ですが小さな国ですので、出来なくなることは「友人たちとイブのカウントダウンをすること」だったり、「大家族でのクリスマスランチを楽しむこと」のみで、「 1 年に 1 度の家族や旧友と顔を合わせる機会」を失うということにはならないため、国土面積の広い国に比べると我慢のきく人も多いのではないかと感じます。私の周囲でも、数家族が集まるような大きなクリスマスランチは催さないものの、プレゼントだけは用意をして簡単に車で家を訪問、プレゼントを渡すだけ、またはお茶程度で済ませる計画の人たちが多い様子です。

ワクチン接種について
他のEU 諸国と足並みをそろえ、マルタでも 12 月末からワクチンの接種が開始予定、高齢者や医療従事者などからの接種が始まります。優先順位のカテゴリーは 5 段階になっており、最も優先順位の低い人たち 持病等のない 55 歳未満 で、恐らく 3 4 月頃の接種になると見込まれています。接種は無料で強制ではありませんが、大々的な反ワクチン運動のような動きを耳にしたことはありません。

懸念事項について
コロナ対策については各国で様々な取り組みが行われていますが、その対策の詳細部分についての「常識」はやはり国によって少しずつ異なる気がします。例えば日本人にとってはマスク着用は何ともないことですが、そうでない国の人たちにとっては慣れるまで非常な努力の必要だったこと、逆に日本の都会では、通勤時など密を避けることは出来ずやむを得ないものが、そうでない国の人にとっては受け入れがたい状況になり得る、といった感じです。
そういった意味では、マルタではカフェやレストランでは着席時のマスク着用は義務ではなく、声の大きい人たちも多いですので、日本人留学生から見ると「危険」「対策がいい加減」となるかもしれません。ですが、マルタではリモートワークを続ける会社が多く、バス車内での混雑はなく、また何れにしても通学は徒歩という生徒さんも多いですので、色々な面で日本もマルタもそれぞれ一長一短がありそうですが、一つの面だけを見てしまうと、心配になる学生さんもいるかもしれません。
またクリスマス後の様子については終わってみないと分からず安心はできませんが、そこは日本の年末年始後も同じことかもしれません。

【ECマルタ校の学生数と国籍割合】
2020年 12 月 (1 か月平均在学生数:約200 名
国籍割合:フランス25% 、日本 2 5% 、スイス 12% 、トルコ 8% 、コロンビア 5% 、その他 25%(19 か国)

* * * * * * * * * *

ECニュースレターで紹介されたマルタの様子は以上です。
これからご出発される方やマルタ留学を検討されている方のお役に立てば幸いです。

本年もマルタ留学ブログをご覧いただき、ありがとうございました!
来年も役立つ情報をご紹介していきますので、どうぞよろしくお願いします(*^^*)/

マルタ留学 コロナウイルス最新情報


【S.H.C.マルタ留学ドットコム 勉強会情報】
マルタ留学を経験したスタッフに留学のあれこれを質問できるチャンス!
https://www.malta-ryugaku.com/explanation/

【S.H.C.マルタ留学ドットコム Blog】
マルタ留学経験者が語るリアルなマルタ情報をお届け!
https://www.malta-ryugaku.com/news/

【S.H.C.マルタ留学ドットコム SNS情報】
≪Instagram≫
マルタの絶景ポイントやおすすめ情報などご紹介!
https://www.instagram.com/malta_ryugaku/
≪Facebook≫
留学勉強会などの情報を配信!
https://www.facebook.com/maltaryugaku
≪Twitter≫
現地スタッフのつぶやきや最新情報を配信!
https://twitter.com/malta_ryugaku

マルタ留学に関するご質問やお見積りは
≪お問い合わせフォーム≫よりお気軽にご相談ください。
カウンセラーがあなたのご希望に合う学校選びをお手伝い致します。
S.H.Cマルタ留学ドットコムは、マルタ留学において
日本で最も頼りになる代理店を目指しています!

 

Tags: , , ,

マルタ留学を実績と安心体制で選ぶならS.H.C.マルタ留学ドットコム

マルタ留学無料相談