HOME  マルタの基本情報


地図データを読み込み中です
表示するまでに時間がかかる場合がございます
◎国名:マルタ共和国/英語名:REUBLIC OF MALTA
◎政体:イギリス連邦内の独立共和国 (2004年5月にEUに加盟)
◎面積:約320 km2(東京23区の約半分 / 淡路島の約2/3)
◎人口:約40万人
◎首都:バレッタ ※バレッタの市街は1980年に世界遺産に登録されています。
◎公用語:英語(イギリス英語)とマルタ語 ※約95%の人が英語を話せます。
一年の気候と温度
温暖な地中海性気候。6月~9月にかけては30度を越える暑い日が多く、12月~3月までは日中20度を下回り朝晩は乾燥してやや冷え込みます。
日本との時差
日本とはマイナス8時間差があります。3月最終日曜日~10月最終土曜日まではサマータイムとなりマイナス7時間。

治安のレベル
他国と比較しても良好。但し繁華街(バー、カジノ、ディスコ等の密集する地域)での無防備な行動はお控えください。
国民の宗教
マルタ住民の約98%がローマカトリック教を信仰しています。

ビザの有効期間
90日以内の滞在は必要なし、90日以上の滞在はバレッタにある移民局で延長申請をします。
電気の使用
240ボルト、50ヘルツ。3つ穴プラグのBF型(イギリス型)で、海外対応製品以外の日本の電化製品を持っていく場合、変圧器が必要となります。
電話の使用
日本と同様でコインまたはカード式の公衆電話があります。日本への電話はインターネットカフェのIP電話、もしくはSkype、Lineなどの無料電話アプリを利用して連絡するのがおすすめです。
ネット環境
中心地にはインターネットカフェがあり、語学学校などの端末では日本語入力が可能で、街中には無料で利用可能なWIFIスポットが多数あります。ただし日本のように高速でのWIFI接続は期待できません。
水の使用
島国なので水が貴重に扱われています。無駄遣いは避けましょう。飲料用にはミネラルウォーターを使用します。
使用通貨
島国なので水が貴重に扱われています。無駄遣いは避けましょう。飲料用にはミネラルウォーターを使用します。
物価
日本と同程度と考えると良いでしょう。スーパーの日常食料品などは日本より安いですが、輸入品(コカコーラなど)やレストラン(ファーストフードなど)はやや高めです。
買い物や食事
シエスタ習慣がまだ残っているため、午後1時頃~4時頃までは閉まっているお店もあります。Visaなどのクレジットカードが多くの店やレストランで利用可能です。
チップの支払い
カフェやレストランでは、合計金額の10%ぐらいを目安に払うのが一般的なマナーです。
両替
銀行ATMまたは両替所にて両替。銀行ATMではシティーバンクや日本の銀行が発行する国際キャッシュカードが利用可能です。
マルタまでのフライト
日本からの直行便はなく、エミレーツ航空のドバイ経由他、ルフトハンザ航空のフランクフル経由、ロンドンやパリなど欧州各地の主要都市からの経由となります。
バスの利用
マルタのバスは片道2.4ユーロ(長期留学生を含むマルタID所持者は1.3ユーロ)から利用できます。バスのチケットは2時間券、1日券、7日券があります。一部夜間バスは別途料金が必要。
タクシーの利用
マルタのタクシーは基本的に交渉制で、おおかた乗車前に金額交渉します。必要な場合は学校に手配を頼みましょう。
クルマの運転
日本と同様に右ハンドル・左側通行ですが、信号が少なくロータリーが多いので海外運転経験の無い方は運転を避けた方が安全です。
紺碧の地中海の真ん中に浮かぶマルタ島は、古代から現在まで長期に渡り繁栄してきました。 そのため、島のあちこちに歴史的な遺跡が数多く存在します。 城塞都市である首都バレッタ市街は、なんと街ごと世界遺産に指定されています。 オスマン帝国軍と戦った勇敢な騎士団のために建設された聖ヨハネ大聖堂は、 柱から天井に至るすべての壁画がバロック芸術家の手による壁画、 金箔が施された彫刻装飾、床には大理石で作られモザイク調の兵士たちの墓石と、贅沢の限りを尽くされています。
マルタでいう青の洞窟と称されるブルーグロット。 小船にのって向かうその場所は、波が荒いときはかなりゆれて、海水をかぶる可能性もあります。 防水対応されていないカメラや携帯電話などの持込には十分注意が必要です。 カメラではなく自分の目に焼き付けたいと思う程神秘的なその海の色は、見るたびにその表情を変えているように思われます。
マルタでも最大級のデパートやスーパーマーケットがあるスリーマ。 セントジュリアンと並ぶ商業の中心地域だけあってマルタの中でも特に活気があります。 街の中心スリーマ湾から、首都バレッタへ運行されている定期フェリー。 異国情緒漂うバレッタの街並みを眺める船上での時間は、ちょっとした気分転換におすすめの交通手段といえます。
地中海に位置するマルタは、戦略上・航海上の中継地として重要な拠点でありました。 マルタを支配することは、地中海の覇権を握ることに等しいと考えられてきたからでです。 中近世から1964年にイギリスから独立するまで、激しい戦いが何度となく繰り返されてきました。 サイレントシティーと称される古都イムディーナは、商業や政治の中心が他の街に 移ってからは住む人の数も減り、静かな空間に大聖堂の鐘の音が響き渡ります。 街の近くにはガラス工房があり希望者はガラス造りも体験可能。マルタにいる間に一度は訪れたい観光スポットの一つです。
映画館やショッピングセンター、一流ホテルなどの商業施設が数多く立ち並ぶセントジュリアン。 語学学校も多くあり商業エリアといっても昼間は落ち着いた雰囲気で授業に集中できる環境です。 一方、週末の夜になるとマルタのナイトスポットとして変身。 街中にクラブの音楽がにぎやかに響き渡ります。
ブルーラグーンで有名なコミノ島はどこまでも青い海と真っ白な魚が泳ぐまさに地上の楽園。 その透明度は飛行機の中からでも底が見渡せるのではないかと思うほどにどこまでも澄んでいます。 夏のシーズンにはマルタ本島やゴゾ島からフェリーが往来し、たくさんの人たちが海辺での一時の休息を楽しんでいます。
最高級リゾート地として知られるマルタの中でも、ゴゾ島は特に素晴らしい景色を持つことで有名です。 人口3万人ほどの小さな島ですが、マルタ島の住民も週末にはゴゾ島のセカンドハウスで過ごすなど、 街の喧騒を忘れのんびりとした時間を過ごすには最高のロケーションといえます。 ホメロスの叙事詩オデッセイヤの舞台として有名なラムラ湾の砂浜の美しさは大変素晴らしく、 毎年夏にはおおぜいの観光客でにぎわっています。 島の中心ビクトリアには、海賊や侵略者からの防衛上の要として建設された堅固なシタデルの大城塞があり、 中心部に大聖堂があります。
アフリカからの強い海風と地中海の波の浸食を受け続け、 数千年の歳月により造形された自然のアーチ「アジュールウィンドウ」の大自然の壮大さに圧倒されます。 窓のように削られた穴から見る地中海の青さは特に素晴らしい。 ゴゾ島南部と西部の海岸線は、深い海へと滑り落ちそうな急な断崖が幾重にも広がっています。 ここからの日の出や夕暮れ時の眺めは特に幻想的でロマンチックな雰囲気。 地中海と断崖、海岸淵にある監視タワーとがマッチして、中世にタイムスリップしたような感覚になりそうです。
新しい自分と出会う旅のスタートはここから
マルタ留学への第一歩。まずは、毎月4~5回開催する「無料説明会・カウンセリング」にご参加ください。留学専門スタッフがあなたに合った留学プランを丁寧にサポートいたします。なお、お申し込みは先着順・少数定員制ですので、お早めのご予約をおすすめします。